エコリサイクルセンター徳島

お問い合わせはコチラ

洗濯機・衣類乾燥機の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?サービス紹介

洗濯機・衣類乾燥機の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?

大半の家にある家電製品といえば、洗濯機かと思います。衣類乾燥機も、ご家族がお忙しいというご家庭では、お持ちの方も多いでしょう。毎日毎日使用するものなので、買替えのローテーションが早いという特徴があります。洗濯機や衣類乾燥機の買い替えの時に、今あるものの処分は、どうされていますか?

洗濯機や衣類乾燥機をどのように処分すればよいか、結構ご存知ない方がいます。そこで安価に処分するためのアイディアも含め、ご説明していきます。

洗濯機・衣類乾燥機はそのままゴミ出しできる?

洗濯機や衣類乾燥機を捨てる場合、ほんの少し前までは、一般的な粗大ゴミで捨てることができたので楽でした。しかしそれは昔話。現在のルールでは、普通にゴミとして捨てることはNGとなっています。

2001年に家電リサイクル法という新しい法律が、施行されたのが理由です。メーカー・所有者が家電回収を協力して行い、家電部品の再利用を行い、埋立てを行う対象のごみを減らすのが、この法律の意味です。地球環境そして今ある資源を守るために施行されたものです。

これにより、リサイクルできる部品が多く含まれる4品目については、一般的な粗大ゴミとして収集せず、家電リサイクル法に則て回収することになりました。リサイクル対象家電4品目の1つして、洗濯機・衣類乾燥機が指定されたことを受け、法律のルール通りに、処分しなければならなくなりました。

洗濯機・衣類乾燥機の無料処分方法4個

洗濯機や衣料乾燥機がいらなくなった時、リサイクルがルールです。ただし製品状況が新品に酷似、使用回数が少ない、十分活用できる洗濯機や衣料乾燥機に関しては、買取・下取がオススメです。リサイクル法に則って処分となるとお金の負担がありますが、買い取りや下取りとなれば、費用負担がかかりません。

①まだ新しい洗濯機・衣類乾燥機は売れる

たくさんの中古家電販売店やリサイクル店で、中古洗濯機等の買取・引取を実施しています。買取・引取を希望の際の家電年数の目安は、製造されてから約五年ぐらいの製品となっています。

もし製造より5年以上経過している製品だとしても、ほどんど使っていない・コンディションがGOODという製品は、OKなケースもありますので、査定時に、質問してみてください。買取自体はゼロ円かもしれませんが、無料の回収なら大丈夫という店舗もあります。質問するだけしてみましょう。査定の時にはリサイクル料金だけでなく、取り外し手数料、回収・運搬料金など含まれた買取金額を教えてもらいましょう。

当社エコリサイクルセンターでは高額買取も行っていますので、ぜひご利用ください。

②販売店で下取りしてもらう

家電量販店や小売店、ネットショップを家電購入の際に利用しますと、今家にある家電の方を、下取りしてくれる可能性も。下取りは、全部の店舗に義務付けられているわけではないので、購入のときに下取りサービスがあるかを聞いてみましょう。

購入する洗濯機の金額からの値引き、そしてあとはポイントにおける還元という下取り方法が多いようです。万が一、下取り査定額が0円でも、回収については無料で実施しているショップも。リサイクル料金を自分自身で手出しして処分することを考慮すれば、お得に処分できるというわけです。

③ネットフリマ、オークションで売る

洗濯機・衣類乾燥機の処分。まだまだ使用できる状態の製品ですと、なんとなく躊躇しますよね。製造から年月が経っている洗濯機および衣類乾燥機は、買取は不可なことが一般的です。しかし、インターネットオークション・フリマサイトなら出品できます。

梱包が宅配便の配送の場合は必須ですが、洗濯機は大型製品すぎて、梱包するのは至難の業です。この場合、らくらく家財宅急便というサービスがおすすめできます。梱包については専用カバーを使用して、配送してくれます。

④必要な人に無料で譲る

必要な方へ差し上げるという方法もあります。不要な洗濯機および衣類乾燥機の処分法としては、手軽かつ簡単。知り合いに尋ねてみて欲しい人がいないときは、地元の掲示板のようなサービスを有効に活用し、欲しいと思っている人を探すというのも一つです。受け渡しの方法や日時については、手違いのなきよう、事前に確認しておきましょう。

洗濯機・衣類乾燥機の有料処分方法3個

使わなくなった洗濯機・衣類乾燥機を処理する場合は、リサイクルを行うことになります。
2300円+税がリサイクルで必要という製造元が、一般的となっています。

①買い替え時にリサイクルを依頼する

洗濯機や衣類乾燥機購入時、多くの販売店、家電量販店において、手元の製品のリサイクル回収を行っています。処分家電の運び出し・回収を、購入した家電を運搬および設置するときに同時にやってもらえる便利なサービスです。

回収や運搬にかかる手数料や撤収作業費が、一般的にはリサイクル料金に追加されます。ショップの方に、リサイクル券の購入をあらかじめ行うのかなどは、聞いてみましょう。

②民間の不用品回収業者にリサイクルを依頼する

家電を使用しなくなり処分を行うだけの際は、業者に依頼を行って、回収・処分してもらうやり方スマートです。大型家電の搬出は一苦労です。あと、ダクトから外して壁穴の処理が必要なガス衣類乾燥機は、本人が処分を行うのは困難です。業者に依頼するのが無難でしょう。普通はリサイクル費用にプラスαで、取り外し・回収・運搬・出張の費用がかかってきます。業者に依頼を入れる場合は、事前見積もりをお願いするようにしましょう。

地域最安値水準で依頼するなら当社をぜひご利用ください。

③自分でリサイクルする方法

リサイクル料金だけで処分することもできます。それは全部自身で手続きというやり方です。郵便局でリサイクル券を購入し、洗濯機を取り外して自治体指定引取場所に持って行きます。

当社の出張回収をぜひご利用ください

すぐに回収してもらいたい、家からの運び出しもお願いしたい、そんな要望にお応えします。最短で即日対応!無料お見積りが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-456-401 LINE問合せ