エコリサイクルセンター徳島

お問い合わせはコチラ

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?サービス紹介

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?

冷凍庫や冷蔵というような大きな家電製品については、引っ越しや住み替えのタイミングで、数多くの人が処分に困窮するものだと思います。これらの商品には、粗大ごみNGの家電製品です。となりますと、廃棄はどのようにすればよいのかとなり、具体的にどうすれば?と困窮してしまうものです。

不要となった冷蔵庫や冷凍庫を、リーズナブルに廃棄したい、リサイクルに出したい、手をかけずに廃棄したい方向けに、くわしくご説明します。

冷蔵庫・冷凍庫はそのままゴミ出しできる?

皆様、理解されていることと思いますが、冷蔵庫・冷凍庫製品については、一般のゴミとしては処分不可能です。各自治体で行っている集積所への持ち込みや粗大ゴミ回収についても出せないルールになっています。

掃除機やミシンのような家電商品については、お住いの地域で行っています、不燃・粗大ゴミとして処理可能となります。家電リサイクル法で指定された家電である、「冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機、エアコン、TV」は、絶対にリサイクル処理すると決まっています。

ミレニアムで大盛り上がりでした年の翌年、2001年に家電リサイクル法ができました。不用品の家電を埋め立て地に埋めることを回避すべく、メーカーと所有者が手を組んで家電を収集して、メーカーサイドが家電の部品を可能な限りリサイクルするという仕組みです。

冷蔵庫・冷凍庫の無料処分方法4個

リサイクル料金は、家電リサイクル法で指定されている品の処分に関しては必須だと考えられていますが、実際は、お金をかけずに処分できます。

①状態の良い冷蔵庫・冷凍庫はお店で売る

冷凍庫・冷蔵庫が使える状況であれば、不用品の回収業者や中古の家電販売店、リサイクル店で引き取ってもらうという手段もアリです。このようなケースの場合は、当たり前ですがリサイクル料金はナシです。

中古家電として売る際は、一般的に購入から5~7年程度までのものが対象ですので、不要になったら早く査定を受けましょう。大型家電だけに、持込査定を依頼するのは大事です。持って行かなくても出張査定やメール・LINE査定などできますので、利用すると良いでしょう。

当社エコリサイクルセンターでは高額買取も行っていますので、ぜひご利用ください。

②ネットフリマサイトで売る

ジャンク品であったり、製造より5~7年以上経過している冷蔵庫・冷凍庫も、ネットフリマサイトやオークションを使って売ることはできます。大型製品の場合、運搬にかかる費用が落札額を超過してしまうことが一般的です。運搬の手段や運搬費用などを、事前にしっかりと調査して記載しましょう。

③購入店舗で下取りしてもらう

家電ショップやネットショップ、そして販売ショップによっては、冷蔵庫や冷凍庫を買う際に、処分希望製品を下取り処分してくれるショップも存在します。5年~7年以内に製造された家電ならば、冷蔵庫や冷凍庫が動かない状況でも引き取ってもらえます。

下取りのスタイルは各店舗によって個性があり、ポイント還元・千円~三千円ぐらいで査定・処分家電一台ごとに一万円お値引きなどがあります。すこしでも高値の引き取り査定を望むのであれば、一つの店舗だけでなく何カ所かで査定を出してもらい、比較することをおすすめします。

④知り合いに譲る

壊れていない家電でしたら、とても手軽な方法として、無料で友達や知人にあげてしまう方法があります。搬入や運搬の方法や設置の方法に関して、双方で事前にしっかりと確認しておきましょう。

冷蔵庫・冷凍庫の有料処分方法3個

冷蔵庫や冷凍庫の場合、リサイクルが基本的な廃棄の方法です。リサイクルの手続きを自分自身で行うこともできますし、家電ショップなどのリサイクル回収を利用したり、業者に依頼してリサイクルしてもらう方法があります。

メーカー次第で多少違いはあるものの、冷蔵庫・冷凍庫のリサイクル費用の概算は次のようになります。
・170リットル以下 3,400円+税
・170リットル以上 4,300円+税
処分にかかる費用ですが、販売店や回収業者に依頼するときは、リサイクル料金に追加で配送費や処理費が上乗せとなります。

①自分でリサイクルを行う

家電リサイクル券の手続きを郵便局に行って実施し、冷蔵庫や冷凍庫を、それぞれの地域指定の所に持込するのであれば、振込手数料+リサイクル料金だけで処分できます。製造会社とサイズに関しては、冷蔵庫や冷凍庫の本体裏側に書かれていますので確認しましょう。そして郵便局・ゆうちょ銀行で、リサイクルの費用を振り込みを行います。振込後、家電を自分自身で運搬します。地域で指定しているところがありますので、その場所に処分する冷蔵庫や冷凍庫を持ち込みます。

②不用品回収業者にリサイクルを依頼する

リサイクルに関しては、小売業者や民間の不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。運搬や手続きの手間もかかりません。高齢で冷蔵庫など運べない、自家用車がない、郵便局に行く時間がないといった場合も、業者に依頼する手段であれば家からの搬出から、手続きまでフルで任せることができます。ただし、業者に依頼するという事は、手数料や回収・搬送に必要な料金、出張費用などがプラスでかかるということになります。

地域最安値水準で依頼するなら当社をぜひご利用ください。

③販売店の有料リサイクルを利用する

冷蔵庫および冷凍庫を、小売店やネット通販そして家電量販店などで新調するタイミングでお願いすると、使わなくなった家電を回収・処分してくれることもあります。リサイクルの具体的なルールは、それぞれのお店ごとに違いがあります。事前にリサイクル券を購入しておくという方法の店舗もあります。

当社の出張回収をぜひご利用ください

すぐに回収してもらいたい、家からの運び出しもお願いしたい、そんな要望にお応えします。最短で即日対応!無料お見積りが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-456-401 LINE問合せ